ベビーシッターの仕事、一生懸命がんばります。


by thakmqblgp

腎臓を左右誤って摘出=小山市民病院で医療事故−栃木(時事通信)

 栃木県の小山市民病院で2月、60代の患者の腎臓摘出手術を行った際、誤って正常な腎臓を摘出したことが29日、分かった。同病院が発表した。患者の容体は安定しているという。
 同病院によると、患者の手術は泌尿器科の医師が2月10日に行った。がんが疑われる右の腎臓を摘出しようとしたところ、誤って左の腎臓を摘出。摘出後に誤りに気付き、直後に移植手術で患者に戻したが機能せず、約1カ月後に別の医療機関で摘出された。
 手術前に行う皮膚のマーキングを忘れたことなどが原因。患者の体力を考え、右の腎臓の摘出は行っていないという。 

【関連ニュース】
医療紛争の裁判外解決で初会合=ADR機関が情報交換
医療事故モデル事業継続=5学会で社団法人立ち上げ
性同一性障害手術訴訟で和解=慰謝料330万、改善点も通知
がん患者取り違え手術=前立腺摘出、2年半後発覚
医療事故調、大綱案見直しも=「来年度に方向性」

校長と引率教諭を略式起訴=小6天窓転落死−東京地検(時事通信)
「グーグルのやり方に強い不満と怒りを感じる」 中国政府当局者(産経新聞)
オバマ政権の「マスコミはずし」 「電撃外国訪問」ツイッターで発表(J-CASTニュース)
郵政、民業圧迫に配慮を=平野官房長官(時事通信)
財源なければ政権公約修正すべき…民主・岡田氏(読売新聞)
[PR]
by thakmqblgp | 2010-03-31 15:51